ビル管理システムを見直そう!上手に省エネ

ビル管理システムとは

ビル管理システムとは、建物の電力や照明、空調管理の他、防災や防犯などの設備を安全かつ効率的に運用するための統合的監視制御システムを差しています。クラウドシステムにも対応するため、遠隔監視の他、将来的な需要予測等も可能となります。

管理方式を比較~分散制御と集中制御の違いを解説~

複数の制御システムがある分散制御

複数の制御システムを持つのが「分散制御」システムです。複数の制御システムを持つことで、一つのシステムにエラーが出ても、他のシステムの機構で補うことができるメリットがあります。

一つのシステムですべてを管理する集中制御

一つのオペーレーションブースによってすべての管理を行うのが集中制御です。一カ所ですべての管理・制御を行えるのがメリットですが、処理に時間がかかることも考えられます。

ビル管理システムを見直そう!上手に省エネ

男の人

問題点を洗い出そう

現行のビル管理システムは、省エネに適していますか。また、コストがかかり過ぎて会社の財政面を圧迫していることはないでしょうか。このような問題点を改善することで、ビル管理の上で脆弱な面を強化することができますし、コストを抑えられるメリットが生まれます。まずは、ビル診断を受けるなどのアクションを起こし、ビル管理システムの問題点を洗い出しましょう。

ビル

ニーズに合った施策をチョイス

「省エネ」は、京都議定書やクールビズ、ウォームビズなど時代の流れも反映しています。また、会社・ビルという小さな括りの中でも求めるべき「省エネ」の論点があるはずです。ニーズに合った施策を選ぶことによって、選ぶべきビル管理システムが洗いだされることでしょう。会社の規模・建物に対するキャパシティーや人件費などを鑑みることも必要です。

男女

トラブルが発生した場合

ビル管理システムは「導入したら終わり」ではありません。システムにトラブルが発生した場合、ビル全体が機能不全状態に陥ります。そのため、定期メンテナンスやシステムの管理をセンターでコントロールできるサービスを提供している企業の製品を導入することが一番です。サービス料がかかりますが、安心料・保険料だと捉えると良いでしょう。

ビル管理システムの基本を押さえてより良い選択肢を選ぼう

ビル管理システムは、ビルの規模・収容人数や性質などに応じてさまざまなシステム構築を行うことができます。基本を知ることで、自社にとってより良い選択ができるはずです。