適切な業者選びがビルの省エネ成功へのカギ

適切な業者選びがビルの省エネ成功へのカギ

ビル

実績の豊富な業者が安心!

ビルの省エネを鑑みるには、ビル診断を行う・ビル管理システムを構築している等実勢が豊富な業者に依頼することが安心材料につながります。ネームバリューだけではなく、費用・メンテナンスやアフターフォローなどを総合的に行っている業者を選定しましょう。見積もりをもらうなど、コスト面でも依頼できる業者かどうかを見極めましょう。

女性

事前の見積もりが肝心になる

システムに対する費用対効果を見出すことができなければ、どんなに省エネ・低コスト化が叶い経費削減につながるであろうビル管理システムを導入したとしても、利益どころか導入失敗の結果につながるかもしれません。システムに関する提案をもらった後、事前に見積もりをもらい受けることで「自社にとって、本当に導入すべきシステム」を洗い出すことができます。

ビル

コストの問題をクリアにしよう

AIによる集中制御といった無人制御システム等が注目されていますが、小さな自社ビルでは無意味なものになるかも知れません。また、良いとされるものを導入しても月々の管理料やシステム構築料の支払いが膨大であれば、会社の存続にも関わります。見積もりをもらった時点で、コストの問題をクリアにすることが大切です。またムダをなくすための再構築を依頼することも一案です。

模型

経営をスムーズにするために

自社ビルの規模・どれだけの人間が出入りしているかによっても、ビル管理システムの構築が変わります。もちろん、費用面等も大きく変わることでしょう。ただし現行のシステムに対する人件費が削減でき、かつ新システムの導入費用と人件費を照らし合わせるとどちらが費用面で良いのか、経営をスムーズに進めるためには、試算も必要です。

専門業者の選定に役立つ情報源を比較!

業者が提案するリーフレット

業者が提案するリーフレットには、ビル管理システムの構築例等が分かりやすくまとめられています。これを見て容易に想像できるかどうかが大切です。

ネット上など、施行実績から見る

ネット上には、ビル管理システムを納入した業者名などが掲載されています。中には行政が発注した公共工事にもビル管理システムの構築が含まれていることも分かります。こういった実績チェックも大切です。