環境に配慮した経営を目指して

企業は自社の利潤を追求するだけではなく、地球環境に配慮した経営を目指すことが求められるようになりました。環境ISOの取得に向けた行動が一般的な考え方となりますが、自社ビルを建て直して、省エネなどを目指すことも一案です。

自社ビルの省エネ管理に役立つ対策・3選

ビル

マニュアルの作成と浸透

省エネに関する基準を設け、自社ビル内の省エネに関する意識付けのスタンダードをつくることが大切です。誰もが励行できるよう分かりやすい内容にまとめることも大切でしょう。マニュアルを制定する際に省エネを阻害する自社ビルの弱点を見つけ、対策を講じることも必要です。

省エネ委員を立ち上げる

マニュアルを制定しても率先して実践するリーダーがいなければ、マニュアルは無意味なものとなります。省エネ委員を設定し、マニュアルに基づいた省エネ対策を実践していくと、社内の浸透が早くなります。自社ビルに入っている他社に対する省エネ意識も同時に備わります。

省エネの目標を掲げる

目に見える目標と結果がなければ、いくらマニュアル実践を続けてもモチベーションが上がりません。省エネに関する月間目標と毎月の結果(検針票による使用電力などの公表)を行うことで、ゲーム感覚で省エネができるよう意識付けができていきます。残業を減らす良い理由づけにもなることでしょう。

ビルの省エネはこうしよう!対策を立てて実行

マンション

省エネシステムの導入を検討

省エネシステムを導入することで自社ビル、製造・生産ラインの省エネ化を促すことができます。省エネ診断を行っている企業と連携を取りながら、省エネシステムの導入を検討されてはいかがでしょうか。省エネは空調制御を行うだけでもおおきな効果があることが実証されています。またエレベーター装置の新調・自社ビルの建て直しと言った巨額投資が大きな省エネ効果を生む可能性もあります。

男性

専門業者に相談しよう

省エネシステムを導入したい、検討材料として話を聞きたいという場合は、省エネシステムを販売している専門業者にカウンセリングを申し込むことが大切です。省エネ診断を経て、自社ビル・工場に最適な省エネシステムの構築を提案してくれます。空調制御システムなどは実際に設置を行いお試しを行った後に検討を進めることができるのでおすすめです。

模型を持つ人

安全とエコに気を配った解体工事の特徴

松戸にある解体工事業者は、産業廃棄物の分別やリサイクル可能な廃材を仕分けるといった環境に配慮した解体工事を行います。また建設業許可をきちんと取り、産業廃棄物処理に関する定期的な講習を行うことで安全やエコに配慮することも怠りません。安全幕を張ること、足場を設けること、適切な散水などを併用し周辺環境への配慮等も行います。

省エネシステムで得られたメリットを聞き込み調査!

模型

環境ISO取得で入札格付けが高まりました

行政の入札参加資格の点数が低く、公共工事の指名が入りにくかったのですが、省エネシステムを導入したことで、環境ISOを取得することができました。おかげで環境マネジメントに関する加点が入るようになり、行政の指名入札を受けることができるようになりました。

経理の面で費用削減が叶いました

事業投資という形で省エネシステムを導入しました。たったそれだけの事ですが、大きな費用削減が叶いました。導入前はいかに無駄なエネルギー消費をしていたのか恥ずかしく思うほどです。経理面でも費用削減が叶ったので、数年で省エネシステム導入費用はペイできそうです。